生活をする上で必要なこと

バイトにもいろいろありますが、最近では家事代行サービスのバイト募集が増えてきています。
今までは家事は家庭内でするもの、とされてきましたが女性が家事に専念出来る社会ではなくなり、男性も女性も同じように社会で働くようになり、今までのように女性ばかりが家事の負担を抱えることが問題視されるようになってきたからではないかと思います。
理解のある男性であれば、一緒に家事を負担したり、出来ることは手助けをするという期待も出来ますが、まだ男性の意識も家事の処理能力も女性には追いついていないのも現状ではないでしょうか。
男性でも一人暮らしを経験したことがあれば、家事の大変さを理解して、女性の手助けも出来るのではないかと思いますが、誰かが家事をしてくれる環境で育ってしまうと、家事の手助けも何をすれば良いのか、判断出来ないということも関係しているように思います。
「言われればする」という男性が多いように、自分では気づかないので、頼まれればする、というのも女性にしてみればストレスの要因になることもあります。
「言えばしてくれる」は「言わなければしてくれない」と同じであり、また「お願い」しなくては「してくれない」となると、家事は女性だけの仕事ではなく、生活を共にする人たちの共通の仕事であることを忘れていると感じるからストレスになるのではないでしょうか。
生活をする上で当然必要なことを「お願い」しなくてはならない、またしてもらったら「ありがとう」を言わなくてはいけないことで、多くの女性は「だったら自分がする」という自己解決をしてしまうのです。
ですが家事をするというストレスは消えませんから、たまには息抜きとして家事代行などに任せて、自分の時間を楽しみたいと考える人が増えたのかもしれません。家事代行に依頼する人は、一人暮らしのビジネスマンの印象が強いですが、案外共働きで忙しい家庭の主婦が依頼することもあるみたいですよ。